2017年8月の私的シネマランキング (No.1 ~ No.13)

f:id:nighttimepicnic:20170825021539j:plain

私が8月に映画館で鑑賞した新作映画について、個人的によかった順番に並べて感想をまとめました。

8月に観た新作は短編も含めると36本で、これは1回の上映で長編1本と短編1~2本をセットで鑑賞できるMOOSIC LABの全8回に通ったのが大きくて、こんな本数になっているのですが、MOOSIC LABで上映された全18作品については前回の記事で全てまとめたので、今回の記事で取り上げるMOOSIC LAB鑑賞の作品は上位8本に割愛しました。

ということで、今回は26本の映画について鑑賞記録をまとめてあります。

 

こうして振り返ってみると8月は驚くほど充実した映画月間でした。

個人的に現時点で今年一番の映画となった『少女邂逅』を始めとした、ムーラボ鑑賞作品の目を見張る充実度に加えて、劇場公開で観た作品もいつもの月よりずっと魅せられた作品ばかりでした。

特にトップ5の中の4作品がK's cinema上映作品で、K's cinemaが強すぎた8月でした。(贔屓とか通いまくった愛着とかは一切なしで、純粋な結果としてそうなりました。『隣人のゆくえ』はホントに凄い。)

 

では、以下8月に観た新作の私的ベスト1位からです。

続きを読む

2017年8月の私的シネマランキング (No.14 ~ No.26)

f:id:nighttimepicnic:20170901013129j:plain

 私が8月に鑑賞した新作映画の私的ランキング。14位から26位です。

続きを読む

MOOSIC LAB 2017 全18作品の私的感想まとめと私的ランキング

f:id:nighttimepicnic:20170825021539j:plain

MOOSIC LAB 2017のエントリー作品、全18作品を観ることができたので、個人的によかった順番に並べて感想をまとめました。長編と短編の区別はしていません。

今年はとにかく『少女邂逅』、『聖なるもの』、『なっちゃんはまだ新宿』という、もはやムーラボという次元を超えに超えて、年間を通してもこれほどの感慨を抱ける映画体験はどれだけあるのだろうか、というレベルの(邦画に限れば、この3本は年間でも最上位級だと思う。)ずば抜けた3本を筆頭に、良作が多かった印象です。通うのが本当に楽しかった。

特に『少女邂逅』と『聖なるもの』に関しては、例えば2年前のムーラボで『いいにおいのする映画』や『劇場版 復讐のドミノマスク』を観たときの圧倒的な高揚感を思い出させる、宙に浮くような映画体験の幸福感に酔いしれました。きっと賞を獲るのでしょう。ムーラボはスルーしている映画ファンにも響く2作品であると確信します。

短編では『ぱん』が個人的には最高で、次点の『左京区ガールズブラボー』も大好きな長編に出会ったときのような満足感と幸福感でいっぱいになりました、15分でこんなに充足感を得られるなんて。

 

 

というわけで、以下、ムーラボ2017の私的ベスト1位から感想をまとめました。

続きを読む