読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の大好きなエルンスト・ルビッチ監督作品 超暫定的ベスト20

f:id:nighttimepicnic:20170419010316j:plain

 いよいよ今週末、4月22日(土)からエルンスト・ルビッチ特集がシネマヴェーラに帰ってきます。

『ルビッチ・タッチⅡ』と題された5月19日(金)まで続く今回の特集では、2015年春の前回特集『ルビッチ・タッチ!』(びっくりマークのキュートさ!)の全19本に比べて6本も多い、全25本が上映されます。

前回の特集では上映されず、今回新たにラインナップに加わったのが

メリー・ウィドウ

②ラヴ・パレイド

③小間使

ウィンダミア夫人の扇

⑤街角 桃色の店

⑥寵姫ズルムン

⑦ロイヤル・スキャンダル

⑧あのアーミン毛皮の貴婦人

モンテカルロ

の9本で、逆に前回はあったけど、今回はラインナップにないのが

①陽気な中尉さん

②山の王者

③百萬弗貰ったら

の3本。

とにかく新登場の作品の多さに感謝!

いやもう、これほど嬉しいことは映画鑑賞環境でいうと私的に1年に1回あるかないかレベルのありがたさ、素敵さ。

なぜなら、前回の特集の時に、私は初めて明確に、自分が一番好きな映画監督、というものを見つけてしまったから。出会えてしまえたから。

何にも代えがたいワクワク感と嬉しさであの坂を上り、下ってくる時には頭の中が真っ白になりそうな幸福感と感銘に酔いしれていた、魔法にかかったみたいな3週間を過ごせた、2年前の春。

あのルビッチ特集で、きっと私は映画が本当に好きになりました。

 

 

※私の発展途上のルビッチ・コレクション

f:id:nighttimepicnic:20170421003211j:plain

 

今回は私が好きなルビッチ作品を好きな順番にランキングしてみました。

あの特集の後も少しずつソフトを買い足して未鑑賞の作品を減らしてきましたが、DVDで観た映画の感想はほとんど書きこぼす傾向にあるせいで、ランキングとは言いつつ数はまだまだ多くありません。

まだ一度しか観たことのない作品も多く、かなり暫定的なものですが、今回の特集を観た後に大きく変わってきたらいいなーと思いますし、そうなることに期待しています。

それでは20作品とかなり少な目にはなりますが、1位から初見時の感想と共にまとめていきます。

 

1.『生きるべきか死ぬべきか』 (今回も上映あり)

 

2.『陽気な中尉さん』 (今回は上映なし)

 

3.『花嫁人形』(今回も上映あり)

 

4.『私の殺した男』(今回も上映あり)

 

5.『君とひととき』(今回も上映あり)

 

6.『結婚哲学』(今回も上映あり)

 

7.『天使』(今回も上映あり)

 

8.『ニノチカ』(今回も上映あり)

 

グレタ・ガルボ演じるニノチカがまさかの恋におちてからの後半がとくに好きです。前半との物凄いギャップもあって、ものすごくキュンとする。前半も前半で2人の会話のかみ合わなさというか、おぼつかなさがとても楽しくて。レストランの爆笑シーンが大好き。そしてラストの「さすがルビッチ!!」な痛快さに大満足する作品です。

前回の19本のうち本作だけ劇場で観れず、後でDVD鑑賞したためTwitterでの記録はなし。今回こそ劇場で観たい。

 

9.『淑女超特急』(今回も上映あり)

 

10.『天国は待ってくれる』(今回も上映あり)

 

11.『山の王者』 (今回は上映なし)

 

12.『生活の設計』(今回も上映あり)

 

13.『小間使』(今回は上映あり!)

 

2014年の新作映画で個人的な年間1位に選んだピーター・ボグダノビッチ監督の『マイ・ファニー・レディ』での引用が、多くの人の記憶にも新しいであろうルビッチの遺作。

『マイ・ファニー・レディ』で、イモージェン・プーツ演じるキュートなヒロインの運命を変えることになる売れっ子演出家(オーウェン・ウィルソン)が、その夜限りの気に入ったコールガールたちに残していく決め台詞『君のいるべき場所はどこ?ってそれを知りたいかい?それは君がハッピーでいられるところならどこであれ正しい場所だよ。例えば、セントラルパークでリスにクルミをあげるのが好きな人たちがいるよね。だけど、クルミにリスをあげるのが楽しいっていう人がいたって僕は間違ってるなんて思わないよ。』は、『マイ・ファニー・レディ』の中でもラストに突然の乱入者によって注釈が入るけど(笑)このルビッチの『小間使』からの引用、もといパクリになってます。この『マイ・ファニー・レディ』を観ていると該当シーンで「おおぉ~ここか~~」ってなれるはずです。

で、『小間使』本体としては、と・に・か・くジェニファー・ジョーンズ演じる主人公のクルーニー・ブラウンが可愛い!!!可愛すぎる!!!ルビッチは数多くの美人女優を登場させてきたけど、遺作にしてガ-リー的な可愛さを極めたルックの女の子を登場させてると思います。ガ-リー系だと『生活の設計』や『陽気な中尉さん』のミリアム・ホプキンスも強いけど、ここでのジェニファー・ジョーンズは個人的にそれ以上に心惹かれるものがありました。

映画そのものとしては、序盤はけっこうコメディ色も強くてキュートなノリですが、中盤以降はなかなかシックです。やはり晩年の作品というのもあるんでしょうが、派手なノリの作品ではないです。後半もクルーニー・ブラウンを巡る男と男の小賢しいラブバトル描写には笑えますが、一方のクルーニー・ブラウンはしっとり苦悩したりします。それでも最後は「やっぱりルビッチ!」な爽快な余韻を残してくれます。

私としても本作は前回の特集ではラインナップになくてDVD鑑賞なので、今回特に劇場で観るのを楽しみにしている作品のひとつです。 

 

14.『真珠の頸飾』(今回も上映あり)

 

15.『極楽特急』(今回も上映あり)

 

16.『街角 桃色の店』(今回は上映あり!)

 

ルビッチ作品らしいワクワクするラブコメ設定が中心に備えられた物語でありながら、それをチャーミングに盛り立てるような演出はとても控えめで、そもそもラブコメを期待して観ると少し肩透かしをくらう、資本主義社会への現実的な風刺とハートフルのバランスがシックなヒューマン映画。

そう考えると、これだけ密な人間ドラマとしての側面が充実した作品の中で、さらりと軽妙なラブコメ要素を両立してしまえるルビッチのセンスが光っている作品ともいえると思います。浮かれた邦題のイメージとはかなりの落差がある、営利追求社会への風刺を真摯で温かいヒューマン映画へと昇華した佳作。

 

17.『牡蠣の王女』(今回も上映あり)

 

18.『青髭八人目の妻』(今回も上映あり)

 

19.『山猫リュシュカ』(今回も上映あり)

 

20.『男になったら』(今回も上映あり)

 

オムニバス作品内における非常に短い作品のため順位には入れなかったもの

.『百萬弗貰ったら』(今回は上映なし)

 

メリー・ウィドウ』『ラヴ・パレイド』『モンテカルロ』はDVDで観たのですが、感想の記録がなく曖昧なため、今回劇場で観た後に追加したいです。

 

・書籍『ルビッチ・タッチ』について(本当に大した感想じゃない・・・)

 

以上、今回の大変喜ばしい特集を前に、エルンスト・ルビッチのいちファンとして、大したことはできなくても何かしたい欲求に駆られた結果の顛末でした。

明後日からが本当に楽しみ!!!!

(明日からの濱口竜介監督『PASSION』再上映も行きたい!!)

 

【関連記事】