2005年から2009年までの私的ベストアルバム 45選

f:id:nighttimepicnic:20141207140441j:plain

前回の“2010年から2014年までの私的ベストアルバム 40選”に続いて、その前5年間分の2005年から2009年までの2000年代後半の個人的なベストアルバムも45位から1位まで勝手に選んでみました。

そのまま自分の骨身となるような音楽も、お洒落してお気に入りの服を着るように聴く音楽も、街と同化して背景として広がるような音楽も、映画のようにただただその世界観に惹き込まれる音楽も、きっと私は全部同じくらい好きで、終わってみたらその感じがよく表れたセレクトになったかと思います。

ではでは、今回もコメントは特に付けませんでしたが、アルバム中の私的推し曲と共にどうぞ。

 

 

 

45.The Long Blondes 『Someone To Drive You Home

 



44.The Pipettes 『We Are The Pipettes

 



43.Common 『Be

 



42.The Flaming Lips 『At War With The Mystics

 



41Kings Of Leon 『Only By The Night

 



40.Animal Collective 『Feels

 

 

39Yo La Tengo 『Popular Songs

 

 

38Julian Casablancas 『Phrazes For The Young

 



37Little Brother 『The Minstrel Show

 



36The Strokes 『First Impressions Of Earth

 



35100s 『世界のフラワーロード

 



34The Lashes 『Get It

 



 

33Cloudberry Jam 『The Great Escape

 



 32Brian Wilson 『That Lucky Old Sun

 

 

31.YUKI 『joy

 



30.Fleet Foxes 『Fleet Foxes

 

 

29Judee Sill 『Dreams Come True

 

 

28.Lake 『Let's Build A Roof



27Lucky Soul 『The Great Unwanted

 



26Jay-Z 『The Blueprint 3

 



 

25Travis 『The Boy With No Name

 



24サザンオールスターズ 『KILLER STREET

 



23.The View 『Which Bitch?

 





22Kanye West 『Graduation

 



21チャットモンチー 『耳鳴り

 



20.Paolo Nutini 『These Streets



 

19MGMT 『Oracular Spectacular

 



18Animal Collective 『Merriweather Post Pavilion

 



17aiko 『夢の中のまっすぐな道

 



 16U2 『No Line On The Horizon

 

 

15.Arcade Fire 『Neon Bible

 



14Broken Social Scene 『Broken Social Scene

 



13Sigur Rós 『Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust

 



12.The View 『Hats Off to the Buskers

 



11.サンボマスター 『サンボマスターは君に語りかける

 

 

10.Passion Pit 『Manners

 



9.The xx 『xx

 



8Kanye West 『Late Registration

 



7Locksley 『Don't Make Me Wait

 



6.Eddie Higins Quintet Feat. Scott Hamilton & Ken Peplowski 『It's Magic

 



5宇多田ヒカル 『HEART STATION

 



4.The Pains Of Being Pure At Heart 『The Pains Of Being Pure At Heart

 

 

3.Vampire Weekend 『Vampire Weekend

 

 

2.100s OZ』

 



1.宇多田ヒカル 『ULTRA BLUE