2017年5月の私的シネマランキング

f:id:nighttimepicnic:20170620232717j:plain

私が5月に映画館で鑑賞した新作映画について、個人的によかった順番に並べて感想をまとめました。

5月に観た新作の中からTwitterで感想を書いてあった作品は20本。

ここにないものだと『僕とカミンスキーの旅』や『追憶』、『台北トーリー』(厳密には新作ではないですが)、EUフィルムデーズから『ヴォイチェフ』も観たのですが、感想は残せず…。この中だったら『ヴォイチェフ』が1番良かったです。ランキングの中に入れたなら16位あたりだと思う。

5月はなんといってもイタリア映画祭が圧巻の素晴らしさでした。私は2015年からイタリア映画祭に出向くようになったので、まだ3回しか経験はないのですが、その中でも群を抜いて大充実のラインナップ感がありました。

こんなに個人的な好みと観応えが理想的に両立した作品ばかりを観ることができた映画祭体験は、かつてないほどだった気もします。(とはいえ3月の大阪アジアン映画祭も同様の多幸感だったので、今年は映画祭運が良いのかもしれません…)

去年のイタリア映画祭でタイトル避けしてしまっていた『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』も1年経った今年5月にやっと観ることが出来ましたが、評判のさらに上をいくような突き抜けた洗練さに反省しました。

それでは、以下5月に観た新作の私的ベスト1位からです。

続きを読む

イタリア映画祭『君が望むものはすべて』は今年上半期を代表する愛すべき大良作(そして『歓びのトスカーナ』がもっと凄かった!!!)

f:id:nighttimepicnic:20151123124300j:plain

‪イタリア映画祭2017で観た『君が望むものはすべて』が本当に素晴らしい映画だった。‬

続きを読む

2017年4月の私的シネマランキング (No.1 ~ No.12)

f:id:nighttimepicnic:20170323192009j:plain

私が4月に映画館で鑑賞した新作映画について、個人的によかった順番に並べて感想をまとめました。

今月観た新作は24本。

4月はとにかく『そうして私たちはプールに金魚を、』のインパクトが途轍もなく大きかったです。

目の前で展開される映画に対してここまで純粋に興奮して、その面白さに終始ぶっ飛ばされながらひたすら全神経をスクリーンに張り付けにされた経験は、久しぶりな程でした。

現在、ユーロスペースにて5月5日(金)までアンコール上映中です。

 

旧作ではイメージフォーラムで観た濱口竜介監督の『PASSION』と、神保町シアターで観た相米慎二監督の『東京上空いらっしゃいませ』が、どちらも他に類を見ない怪作的な観応えがあって、素晴しい映画体験だった。

 

 

では、以下4月に観た新作の私的ベスト1位からです。

続きを読む