私の大好きなエルンスト・ルビッチ監督作品 私的暫定ベスト22

f:id:nighttimepicnic:20170419010316j:plain

 いよいよ今週末、4月22日(土)からエルンスト・ルビッチ特集がシネマヴェーラに帰ってきます。

『ルビッチ・タッチ!Ⅱ』と題された5月19日(金)まで続く今回の特集では、2015年春の前回特集『ルビッチ・タッチ!』(びっくりマークのキュートさ!)の全19本に比べて6本も多い、全25本が上映されます。

前回の特集では上映されず、今回新たにラインナップに加わったのが

メリー・ウィドウ

②ラヴ・パレイド

③小間使

ウィンダミア夫人の扇

⑤街角 桃色の店

⑥寵姫ズルムン

⑦ロイヤル・スキャンダル

⑧あのアーミン毛皮の貴婦人

モンテカルロ

の9本で、逆に前回はあったけど、今回はラインナップにないのが

①陽気な中尉さん

②山の王者

③百萬弗貰ったら

の3本。

とにかく新登場の作品の多さに感謝!

いやもう、これほど嬉しいことは映画鑑賞環境でいうと私的に1年に1回あるかないかレベルのありがたさ、素敵さ。

なぜなら、前回の特集の時に、私は初めて明確に、自分が一番好きな映画監督、というものを見つけてしまったから。出会えてしまえたから。

何にも代えがたいワクワク感と嬉しさであの坂を上り、下ってくる時には頭の中が真っ白になりそうな幸福感と感銘に酔いしれていた、魔法にかかったみたいな3週間を過ごせた、2年前の春。

あのルビッチ特集で、きっと私は映画が本当に好きになりました。

 

 

※私の発展途上のルビッチ・コレクション

f:id:nighttimepicnic:20170421003211j:plain

 

今回は私が好きなルビッチ作品を好きな順番にランキングしてみました。

あの特集の後も少しずつソフトを買い足して未鑑賞の作品を減らしてきましたが、DVDで観た映画の感想はほとんど書きこぼす傾向にあるせいで、ランキングとは言いつつ数はまだまだ多くありません。

まだ一度しか観たことのない作品も多く、かなり暫定的なものですが、今回の特集を観た後に大きく変わってきたらいいなーと思いますし、そうなることに期待しています。

それでは22作品と少なめにはなりますが、1位から初見時の感想と共にまとめていきます。(随時更新中)

続きを読む

2017年3月の私的シネマランキング (No.1 ~ No.10)

f:id:nighttimepicnic:20170330230417j:plain

 

私が3月に映画館で鑑賞した新作映画について、個人的によかった順番に並べて感想をまとめました。

今月観た新作は21本。

3月は個人的に初めて大阪アジアン映画祭(3月3日から12日まで開催)に行けたことがとても大きかったです。

すごく、すごくよかったんですよね。。。今までの映画祭体験の中でも1番の満足度と幸福感と楽しさでした…とてもよかった…

私は最後の3日間、3月10日(金)から12日(日)の参加で、観れた映画は7本(入ったのは8本でしたが、1本は98%くらい寝落ちしてしまいました…)、実質的には丸2日間の参加だったけど、すっかりハマってしまいました。

それから、このランキングは新作に絞っているので選外にしていますが、3月に映画館で観た3本の旧作がどれも非常に良かった。

永い言い訳』と『クーリンチェ少年殺人事件』と『ムクシン』。

特に『永い言い訳』は去年公開の映画だったので、もしもうちょっと早くに観ていれば、去年の年間ランキングでもかなり上位に入れていたはずです。

『クーリンチェ少年殺人事件』と『ムクシン』の感想は一番最後に貼っておこうと思います。

前書きが長くなりましたが、以下3月の私的ベスト1位からのご紹介です。

続きを読む

2017年3月の私的シネマランキング (No.11 ~ No.21)

f:id:nighttimepicnic:20140918090933j:plain

 

私が3月に鑑賞した新作映画の私的ランキング。11位から21位です。

続きを読む